鼻炎を治す手術には、どんな方法があるのでしょうか。 まず、慢性鼻炎などといった方に行う手術に、粘膜下下鼻甲介骨切除術という手術方法があります。 これは、鼻の内部の骨を一部削ることによって鼻の中を広くし、鼻づまりの解消を図るといった手術です。 鼻の内部の骨を一部削るといえね痛そうですが、麻酔をして行われるため、痛みを伴うことはありません。 鼻炎の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が改善されず、生活に支障をきたしているという場合などに行われます。 次に、アレルギー性鼻炎の方に多く行われるのが、アレルギーを察知する鼻の内部の神経を焼くことによって、アレルギー反応をなくしてしまったりするといった手術です。 この手術は、アレルギーを感じる部分を熱により焼いてしまい、アレルギー反応をなくすことによって、アレルギー性鼻炎の症状を治します。 こちらも麻酔で痛みはなく、神経を焼いてしまうことによってアレルギー反応が起こらなくなりますので、アレルギー性鼻炎の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)がひどくて悩んでいる方にはおすすめですよ。 薬を飲んでもあまり効果がないという方は、耳鼻科の医師に手術に関して質問してみるといいかもしれませんー